専門業者に外壁塗装を依頼【塗装塗り塗り強度Up】

best villa

綺麗に出来る

hotel

外気にずっとされ続けると、外壁部分も徐々に劣化してきます。それを防ぐ意味でも質の高い外壁塗装が必要になってくるでしょう。無料で見積も出来るので複数で比較していきます。

質も大事です

small house

いざ外壁塗装を行なうといっても、質もありますので値段だけで決めてしまうのはいけません。長くもたせる意味でも、耐久性に優れた質の高い塗料を使うべきと言えるでしょう。

ケアを怠らない

good contruction

年月が経つと、新築一戸建ても徐々に劣化していきます。勿論外壁部分もそうなってしまうでしょう。ネットでは外壁塗装に強い業者を探すこともできるので積極的に活用していきます。

開発されている

アフターケアがしっかりと出来ている外壁塗装を東京で探してみませんか?細かな対応まで可能な業者を利用することで満足できる利用ができます。

ムラのないように丁寧に塗ってもらえます。外壁塗装は草加市にあります。予算に合わせてプランを紹介してくれるので安心です。

日本での外壁塗装の歴史

日本での外壁塗装は、今から150年ほど前から始められたと言われています。それまでは日本では、個人宅の外壁は主に土とワラで作られていました。いわゆる土塀ですが、土塀には塗装することはできません。そのため日本では、それまでは外壁塗装はおこなわれていなかったのです。 しかし明治時代になり、海外とのやりとりがさかんにおこなわれるようになると、日本でも西洋風の建物が多く建てられるようになりました。さらに塗料も海外から輸入されてくるようになり、日本でも外壁塗装がおこなわれるようになってきました。 当時の塗料は全て外国製で、1缶でも職人の日給の約10倍と、非常に高価でした。そのため外壁塗装は、駅など一部の建物のみでおこなわれていたのですが、徐々に塗料は日本でも作られるようになっていきました。それにつれて外壁塗装は、個人宅でもおこなわれるようになっていったのです。

日本の気候に合う塗料の開発

その後日本では、外壁用の塗料がどんどん開発されていきました。外国産の塗料だと、四季があり湿気の多い日本の気候には合わないこともあります。そのため、日本の気候に合う、気温の変化や湿気に強い塗料が作られるようになったのです。現在、個人宅の外壁に使用されているシリコン系やウレタン系の塗料の多くは、日本で作られたものです。 さらに日本では、光触媒という新しい塗料が開発されました。これは、日光を浴びることで汚れを分解するという、セルフクリーニング作用のある塗料です。これを外壁に塗っておけば、塗膜がはがれない限り、外壁の美しさは保たれるのです。 光触媒塗料は塗料の中では高価で、現在はビルやマンションなどの外壁に使用されることが多いです。しかしこれもかつての塗料と同じように、やがては多くの個人宅で使われるようになっていくと予想されています。